相続放棄の手順

この話は番外編です。「過払い金請求」とは関係ありません。
 ある日、いきなり自動車ローンを払えの通知がきました。
私の車のローンなんて、とっくに完済してるハズです。
身に覚えがない( ゚Д゚)

 良く見ると宛名が、
故●● ●●様 法定相続人 ○○ ○○様となってる。
○○ ○○は私の名前です。
●● ●●って誰だろう・・・

 しばし考え・・・謎はとけました。

会った事もない私の実の父親です(笑)
実の父親とはいえ、なんで会った事もない人間の「借金」
を請求されなきゃならんのでしょう・・・

 法律にのっとった上での手続きなんでしょうが、
なんだか気分は良くないですね。

 亡くなった事実を知るキッカケが「カネ払え」って通知なのはいかがなものか?
私的には、役所あたりから、「 アンタの実の父親が亡くなったよん。」
「 財産はこんだけ、借金はこんだけ。で、アンタ相続どうすんの?」

 ってな通知でも届くモンだと思ってました(笑)

 ですが、現実はローン会社からカネ払えの通知です。
だいたい会った事もなけりゃ、亡くなった事実だって今知った。
つーか、ドコに住んでるのかもしらないし、どーすんのさ(笑)

 相続放棄についてwebで下調べしてみる・・
手続き自体は、それほど難しい手続きでもなさそうです。
相続放棄について、わかった事。

(1)相続放棄する場合は被相続人の死亡した事を知った日から、
3ヶ月以内に相続放棄しなければいけない。
(今回の場合で言うと、被相続人とは私の父の事)
(死亡を知った日はローン会社からの通知を読んだ日)

(2)3ヶ月以内に相続放棄しないと相続した事になる。
(相続とは財産だけでなく借金等の債務も受け継ぐことになる。)

(3)かかる費用は印紙¥800と切手。
切手の額は管轄の裁判所によって異なるそうです。
私の居住地管轄の裁判所だと¥450だそうです。

 自分の居住地管轄の家庭裁判所に電話してみました。
(管轄は裁判所サイトで検索できます。)
 以下のものが必要と言われました。

(1)相続放棄の申述書1通
(雛形が裁判所サイトでダウンロードできます。)

(2)申述人の戸籍謄本1通
(今回の場合、私の戸籍謄本)

(3)被相続人の除籍(戸籍)謄本,住民票の除票 各1通

 (1)(2)は良いとして・・・

 (3)は・・・ドコに住んでるのかすら知らないんですから困った( ´・ω・`)
だいたい、会った事もないワケで(笑)

 ローンの督促通知を送ってきた会社に電話してみました。

 きちんと身分を明かし話してみたところ、快く教えてくれました。
被相続人の本籍、住所、死亡日をゲット。

 こりゃ驚いた!意外と近くに住んでたんだ(笑)
道で、すれ違ったりした事あるのかもしれない・・

 早速、役所に行ってみました。

事情を話して被相続人の戸籍謄本と住民票ゲット。
戸籍を見てみると・・・私には妹が2人もいたようです(笑)
被相続人は 生涯で計3人の妻と、各妻に1人ずつ子供がいる。
元気なヂヂイだなw まったくww

 次は自分の戸籍謄本を取らねば・・・
コレは難なくゲット あたりまえかw
書類が揃ったので、コレを居住地管轄の家庭裁判所へ郵送。
念のため、すべての書類のコピーを取り、「配達記録郵便」で郵送しました。

 そして数日後・・・

 家庭裁判所から、お手紙が届きました。お。手続き完了か!
と喜び開けてみると、 どうも様子がおかしい(笑)
なにやら書類が2枚。質問に答えて送り返してください。と書いてある。

 質問を読んでみると
、先日裁判所に送った申述書に記入した内容とかぶってる(笑)

 だーかーらー。申述書に書いたでしょうに・・・(;´Д`)メンドクサス
まあ、仕方ない。早速記入して返送です。まったく役所仕事ってのは・・・

 またまた、数日後。家庭裁判所から、お手紙が届きました。
「相続放棄申述受理通知書」と言う書類が入っていました。
それと、使わなかったのか、郵送した450円分の切手のうち、
210円分の切手が同封されていました。

 コレで相続放棄の手続き完了です。

 あと私の場合は、この書類のコピーをローン会社に郵送して終了ですね。
いやはや、生きてると、いろんなコトがありますわ(笑)
終わってみての感想は、やはり簡単な手続きでしたね。

 web検索してみると、有料で「相続放棄代行します。」
みたいなサイトも結構ありましたが、必要ないです。アホでもできますわ(笑)

 よほど、忙しくて、お金に余裕のある人は頼むのもアリですかねw

 最後になりますが・・・
被相続人の現在の家族に手続きにかかったカネ返してほしいですわ(爆)
交通費とか、なんだかんだで1万円近くかかってますがな・・・
こんなコトの手続きにカネかかる意味がワカラン ( ´・ω・`)

 まあ、ひとつ勉強になりましたわ(笑)

相続放棄の手順 - end –