過払い金を請求しよう vol.3

2007年6月20日(水)
 と言うワケで「過払い金を請求しよう vol.3」のはじまりです。
今回はオレの取引ではなく知人の過払いのお手伝いです。

 またまた完済物です。相手は、信販系N社。
今ではメガバンク傘下のアレですwまずは、履歴の請求ですが・・・
電話するのがイヤだそうでw

 なりすまして変わりに電話してあげようにも、
オレ=男 知人=女なんで、そうもいきませんww

 そこで、オレがメールで依頼してみました。
N社のサイトからお問い合わせフォームへ。知人の氏名、生年月日、
住所、電話番号などを入力のうえ「履歴をください。」
とメールをしてみました。

 あらかじめ、知人には電話が来たら、
何も心配しなくて良いから、とにかく「履歴をよこせ」
と言えと伝えておきましたw

 思いの他、対応は早く、
その日のうちに知人へ電話がかかって来たようです。
すると、所定の用紙を送るので、必要事項を記入の上、
本人確認書類を添付して、送り返してください。
とのこと( ゚Д゚)

 そんなもん、サイトからダウンロードできるようにしとけよハゲ・・・
ドン臭い会社だなww もう観念すればイイのにwww

 そんなワケで、用紙の到着待ちです。

2007年6月30日(土)
2007.6.30 sat.
 電話から数日で知人宅へ用紙が届いたようです。
早速、知人本人に記入をしてもらいます。

 履歴請求用紙の記入の例はコチラ 
強気でOKです。( ゚Д゚) そして本人確認資料を添付して送り返します。
本人確認資料は運転免許や保険証のコピーがお手軽です。

 送られてきた所定用紙の注意書きを良く読んで、
書類に不備がないように送り返しましょう。
送り返す際は「簡易書留」等で送り返すと完璧ですね。

 これにより相手は「届いてない」と言い逃れできませんww
また、送り返した書類のコピーを取っておくのを忘れないように。

 あとは連絡待ちです。

2007年7月30日(月)
 待てど暮らせどN社から連絡がないそうです。
書類送付から1ヶ月たった事だし、こりゃ催促してヤランといけません。

 またまた「本社」へメールです。

 「書類を送って1ヶ月経ちましたが履歴が届きません。
48時間以内に返答なき場合、金融庁及び財務局へ報告いたします。
あらかじめご了承ください。」とメールしてやったww

 送り先が「本社」ってのがポイントです。
支店だとか支社へ連絡しても仲間同士、かばい合う恐れがあります。
クレームつける時は本社にしましょうwww

 48時間どころか8時間後くらいに、
知人へヒラ謝りの電話がかかってきたそうですw
担当が夏休みで・・・とか必死の言い訳をしていたらしいww

 「なんでもイイから早くしてくれ」とクレームをつけて、出来上がりw

 そして、またまた履歴の到着待ちです( ゚Д゚)

2007年8月13日(月)
 また連絡が来ない・・・担当者の夏休みは終わったはず・・
電話させてみたら、担当者が今度は盆休みだと。

 とぼけた会社だな・・業務が追いついてないのに休むなよw
電話に出た女性は随時計算して計算書を送ってますから。とか、
意味不明な事を言っていたそうな。

 送れと言ったのは「取引履歴」であって、
「計算書」ではないんだが・・N社は日本語も読めないらしいw

 明けは20日か・・・こりゃ文句つけてやらんといけませんなww

2007年8月20日(月)
 8月も20日ともなれば、さすがにドコの会社でも、
夏休みは終わってるでしょうw 早速、N社へ電話させました。

 折り返し電話するとの事で、連絡待ち。
2時間後くらいに電話がきたそうです。現状どうなってるのか?
と聞いたら、1週間後くらいに「引き直し計算書を送れそうです。」との事。

 計算書ではなく履歴を頼んだんですが?と聞いたら、

担当者「計算書が履歴になってます。過払いがあれば返還します。」

 と、言ったそうです・・・・( ゚Д゚)ポカーン 

 提訴しないでいいの?
ソレどころか、請求書もいらないのコレ?ww
こりゃ、ラクでいいわ ワロタwww

 まあ、まだ油断禁物ですね。
改竄履歴をもとに計算してるかもしれないし・・・
計算書をよく見てチェックして、利息がついてなければ、
5%つけて請求書を送りつけようw

 また報告します(。・∀・)

2007年8月30日(木)
 N社から履歴と言うか計算書が届いたようです。
早速、外山式で計算してみると・・・
 ほほー。だいたい合ってます!こりゃ感心。
しかも5%計上した感じになってますわw ワロタww

 過払いは18万強ですね。12年モノの取引なので、
もっと過払いが出るかと思ったんですが・・・
どうやら元々金利が低かったようですね。意外と良心的だったんだなw

 この取引は銀行引き落としだったそうなので、
後日、通帳と履歴を照会してみましょう。

 で、、、嘘がなければ、担当者と交渉です。
交渉と言っても、こないだ「返還します。」と言ってたから、
交渉もクソもないかw 普通に返してくれそうだww

 また報告しますね( ´∀`)

2007年9月25日(火)
 やっと、銀行の通帳との照合が終わりましたw
履歴に嘘はないようなので、N社へ電話してもらいました。

 で、担当者は、
「計算書の金額で納得していただけるなら和解書を送ります。」
と言っていたそうです。

 外山式の計算によると過払いは約¥190,000
N社の計算書の過払いは約¥185,000
その差¥5,000なのでゴネる必要もありませんねw

 和解することにしますw

 てなワケで、しばし和解書の到着待ちです。
なーんかあっけないですね・・・
和解書にスッとぼけた事を書いてよこすんじゃあるまいな?w

 考え過ぎですかねww
いずれにせよ、過払い請求する人は急いでください!( ` ・ω・´)

 先日、クレディアが民事再生手続きをしたように、
水面下には後に続く準備をしている業者がいると思います。
取りっぱぐれのないよう、過払い請求は計画的にw

 また報告します。( ´∀`)

2007年10月26日(金)
 和解書が10月11日に届いたそうです。
和解書を送ります。との返答から2週間以上かかってますw

 そりゃーたいそうな和解書だろう。と見てみれば、
金額と相手の名前ハメ込めば出来上がり。の簡単なテンプレ和解書ですww

 もうね、なんぼほど、仕事が遅いのかと・・・
問い詰めたい。小1時間・・・(略

 内容についてはトボけた事は書いていません。
ごくごく普通の和解書でした。問題なし。です( ´∀`)

 ちょっと驚いたのは返金日は11月15日となっていたことです。
思いのほか早い設定ですが・・・この凶悪な仕事の遅さで、
振込み間に合うんだろうか?w

 また報告します(。・∀・)

2007年11月17日(土)
 過払い金の振込みキタ━━━(゜∀゜)━━!!
11月13日付で振り込まれていたそうです。

 だが、しかし、ひとつ問題が・・・「和解書」が返ってきていないw
アタシの過払い請求した2社は、振込みより先に和解書が返ってきたんですがね。

 早速、電話で確認してみると、N社は、和解書は後から送ってくるそうです。
ま、この点はイイとして・・・問題はこの会社と担当者の電話対応です。

 何が?といいますと・・・

 和解書の件の問い合わせのため、
まず1回目の電話。すると担当者は電話中なので折り返すとのこと。

 3時間待つも電話は返ってこない。
こちらから2回目の電話。食事に出てるとの返答ww
1回目の電話の事を伝えると平謝り。
その後、1時間待つも電話は返ってこない。

 しびれを切らして、こちらから3回目の電話。
ようやく担当者が出たそうですww

 いるんならテメエがかけて来いよ!ハゲ!www

 まあ。いい。コイツの件はアタシがキッチリ、
本社に苦情のメールをいれてやるw 上司に怒られろボケww

 今後N社に過払い請求する人へ
電話はしつこく。何回も何回も、かけましょうw
そして不手際があったら本社へ苦情メールです。コレ最強。

 少しでも参考になれば。と思います( ´∀`)

 1人でも多くの人が救われますように・・・

過払い金を請求しよう!vol.3 - end –