稼ぐ

節約は、賃貸より持ち家!? 圧倒的に節約するには中古マンションを買おう!

こんにちはギャッツです。

今回は、圧倒的に節約するなら中古マンションを買いましょうということについて話していきます。

現在僕は、月6万円で生活していますが、もっと生活水準を下げられないか。

将来のお金に対する不安をもっと小さくできないか。

色々と節約するために考えていると、家賃ってすごく無駄だなって思ったんです。

家賃ってどうして毎月何万ものお金を取られなくてはいけないのでしょうか。

ただ屋根があって壁があるだけなのに。

こういった思考になったんです。

そこで、いかにして家賃を極力0に抑えて固定費を削減できるかを考えたところ中古マンションを買うべきだという結論に至りました。

ですので、ここからは倹約家にとってなぜ、賃貸より持ち家なのか。なぜ、戸建より中古マンションなのかについて解説していきます。

賃貸より持ち家の方が結果的にお得

これまで、大学の3年間、賃貸マンションで一人暮らしをしていたのですが、賃貸だとやっぱり手軽に押しピンとかさせないし、傷ついたらどうしようってなっちゃうんですよね。

ですから、どこか無意識気を使って生活してしまうところがあります。

また、一回、引っ越したのですが賃貸だと退去時に結構お金がかかったり、そこからまた新しい物件を探すってなると仲介手数料とか敷金・礼金もかかってくるのでそんな手軽に引っ越すこともできないんですよね。

そんなことを考えると、持ち家を持った方がいいのかなと思うわけです。

自分の家だったら、たとえ壁に穴が空いたとしても、自分で壁紙貼ったりして穴を塞ぐことができるし、気を使わずに生活することができます。

また、家を持っているという所有感も満たすことができます。

それに、資産価値のある物件を購入することで、自分の資産を持つことができるんですよね。

また、家賃で月々数万円払うのって意外とバカにならないというか、毎月の収入から定期的にお金がなくなるので簡単に仕事を辞めれなくなってしまいます。

倹約家の僕にとってはこの毎月何万円ものお金が財布からなくなるっていうのは結構痛いんですよね。

だったら、中古で安い物件を一括で購入した方が心に余裕が生まれるわけです。

中古の戸建より中古マンションをおすすめする理由3選

  • リセールが良い
  • 駅から近い
  • 数百万円で買える

僕が中古マンションの購入を勧める理由は上記になります。

一つずつ解説していきます。

リセールが良い

戸建とマンションの大きな違いの一つは資産価値の下落度の違いですね。

※ 出典元:国土交通省「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」より

上の図を見ると戸建は時間が経てばたつほど資産としての価値はほぼゼロになってしまいます。

逆にマンションは、時間が経っていくともちろん資産価値は落ちていくんですけどその下落率が戸建に比べると小さいんですよね。

また、築年数が25年くらいからは資産価値がほぼほぼ変わらなくなります。

東京の都心とかだと、築年数があっても買いたいっていう人も多いので、資産価値が落ちにくいですからマンションを売却するときでもそれなりの値段で売れたりします。

駅から近い

戸建を買おうと思うとやっぱり駅から近いところを選ぶと土地の値段が高かったり、売ってなかったりします。

僕の実家も駅から微妙に遠かったので、歩いて帰るとなると結構時間を無駄にしちゃった感がありました。

その割に、マンションだと駅近でも安く買えるので、立地と費用の両方でメリットがあるわけです。

数百万で買える

家を買うって数千万のお金を使って何十年とローンを組んで買うものと思っている人も多いのではないでしょうか。

僕自身、家を買うことについてこれまで考えたことは一度もなかったし、ましてや欲しいと思ったこともありませんでしたので、家は高いから、借金をするのが当たり前といった感覚を持っていました。

しかし、家賃という固定費削減のため中古物件について調べていると、マンションのワンルームとか2Kとかだと結構いい物件が300万、400万くらいで売っているんですよね。

あれ、割と頑張ったら買えそうな額なんですよね。

戸建だと、最低でも1000万円はかかりますし、立地や外観も良くなかったりすることが多いですが、中古マンションだと数百万円で割といい物件が買えちゃうんですよね。

現在、僕は家賃2万円の格安のマンションに住んでいるのですがそれでも1年で24万、10年で240万円かかってしまいます。

だったら400万円くらいで割と良い物件を買ってしまって、そこに20年住めば元が取れますし、資産としても残すことができます。

これは、将来的なことを考えるなら中古マンション一択だなと思いますね。

大きな家は本当に必要ですか?

そんなことを言うと、結婚したり、子供ができたりすることを考えると大きな戸建の方が良いんじゃないか。

とか、戸建の家に住むことが一人前の男だ。

とか言う人がいますが、それは世間の勝手な偏見だと僕は思います。

結婚して、子供ができても子供が小さいうちは2Kの物件でも十分に暮らせますし、子供が大きくなったらまた新しい物件を近くに購入するか、賃貸を借りるかすれば良いわけです。

そんなわからない未来のために、30年ローンを組んでデカイ家を買う方が本末転倒じゃないかと思います。

また、戸建の大きい家に住むことがステータスだなんていつの時代でしょうか。

そんなことにお金を浪費するくらいならマンションの小さい1室で将来のためや子供のために貯金した方がよっぽど有益だと思います。

 

-稼ぐ

Copyright© 守銭奴の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.