稼ぐ

【実体験】東京で稼いで田舎で暮らす!? 生活費を下げながら圧倒的に効率の良い暮らし方

こんにちはギャッツです。

今回は東京で稼いで田舎で暮らすことが一番効率がいいと思うことについて話をしていきます

東京で稼いで田舎で暮らすとは?

東京で働いて田舎で暮らすと言われると意味がわからない人も多いと思います。

要はネットを使って、場所に縛られないで稼ぎましょうということです。

ネットがなかった頃のビジネスは、飲食店を経営するにしても、サロンをするにしてもどうしても土地や資金が必要でした。

そして、その店舗に来ることができる人は、その店舗周辺に住んでいる人だけでした。

しかし、今やネットサーフィンは誰でも手軽に使うことができるようになり、当たり前のように生活にスマホが溶け込んでいます。

SNSでは、関西に住んでいる僕でも簡単に東京や北海道の友人を作ることができています。

ですから、ネットを使うことで日本全国で働きながら田舎に暮らすなんてことも可能になるわけです。

未だ、若者は東京に行きたがる

このネット社会でも、多くの若者は東京に行きたがりますよね。

現代の地方在住者の中で上京したい人の割合は40%ほどだそうです。

もちろん、上京することでやりたいことや叶えたいことが実現できるなら東京に行った方がいいと思います。

しかし、ただ漠然と上京したいとか、東京に行ったら何かが変わるんじゃないかといった淡い期待を持っているなら辞めた方が良いです。

僕が東京に行った時に思ったことは、

  • 満員電車で疲れる
  • 物価が高い
  • 家賃が高い
  • 落ち着かない

こんな感じで、すごく体力、気力を消耗してしまいます。

東京の良いところは、交通のアクセスが良くて電車が5分くらいの間隔で来ることぐらいですかね。

その点、田舎は

  • 落ち着く
  • 物価が安い
  • 家賃が安い

これに尽きます。

こんな感じで、お金がかからないという東京にはない大きなメリットが田舎にはあるのにどうしてみんな東京に行きたがるのでしょうか。

しかも、今の時代は娯楽も田舎でまかなうことができます。

youtubeやアマゾンプライムビデオやゲームなどネットや技術の進歩で田舎の人でも暇つぶしや娯楽がたくさんあるんですよね。

ですから特段東京で毎日パーティーがしたいとか遊びまくりたいとか思わない限り田舎で暮らすことをおすすめします。

東京と田舎での1ヶ月の出費の違い

現在、東京で一人暮らしをしている友人と田舎に住んでいる僕との生活費を比較してみました。

東京 田舎(京都府京田辺市)
家賃 60000円 20000円
水道、光熱費 5000円 6000円
ネット回線 3000円 3000円
食費 30000円 25000円
娯楽費 20000円 5000円
スマホ代 3000円 3000円
その他 5000円 5000円
126000円 67000円

これは、僕と友人との一例にすぎませんから一概にこれほど差があるとは思いませんが東京では約2倍近くお金が必要になります。

家賃の違い

やはり、大きく違うのは家賃ですね。

家賃ってホントになんなんですかね。

何をするでもなく、ただ屋根があって壁があるだけなのに東京だと安くても毎月6万円も払わなければいけません。

その点、田舎だと月2万くらい、下手したら1万円くらいで借りれるところもあるくらいです。

毎月払わなければいけないものですから、1ヶ月4万円の違いが出ると1年で50万円近い金額の差が生まれてきますので、家賃はあなどれません。

娯楽費の違い

次に違うのは娯楽費ですね。

東京ってホントに誘惑が多いです。

外に出歩くとすぐに服屋やカフェがあって、ちょっと歩くと本屋があってみたいな。

人によっては、娯楽費なんてほとんどかからないという人もいるかもしれませんが、東京に住むとやっぱり娯楽にお金を使ってしまいます。

東京に暮らしていて、娯楽にお金を使わないなんてそっちの方が精神的にきついと思いますね

僕が実際に実践している具体的にネットでお金を稼ぐ方法

ここからは、僕が実際に行なっているおすすめのネットビジネスについて解説していきます。

  • ブログアフィリエイト
  • プログラミング
  • YouTube

この3つですね。

一つずつ解説していきます。

ブログアフィリエイト

ブログは、多くのアクセスを集めるとgoogleアドセンスという広告をブログの中に入れ込むことができます。

この広告がクリックされることによって、ワンクリック20〜50円くらいの収益を得ることができます。

また、ASPといっていろんな広告主が集まっている不動産のようなものがあり、そこから提携することで自分の紹介したい商品の広告を得ることができます。

こちらは、物によって単価が様々で、クリックではなくユーザーに商品を購入してもらうことで報酬が発生します。

収益を得る難易度は高めですが、報酬も高いことが多いです。

ネットで多くの収益を稼ぐためにはこのASPを活用することが必要です。

プログラミング

プログラミングは、クラウドソーシングを使って、収益を得る方法があります。

クラウドソーシングではランサーズクラウドワークスといったサイトを使って仕事を受注します。

また、記事執筆やデザインと比べると単価も高めなことが多いためオススメです。

しかし、プログラミングは一番向き不向きが出るため、人によっては難しいなとか、考え方が分かりづらかったりするのでまずはプロゲートやドットインストールなどの無料のウェブサービスを使ってみることをおすすめします。

YouTube

YouTubeは、知らない人とは思いますが、自分で動画投稿して動画に貼り付ける広告収入によって収益を得るという方法です。

これもブログと同じようにある程度アクセスが必要なため一朝一夕で稼ぐことはできませんが将来性を考えたらやってみるべき分野の一つです。

ネットで稼ぐためには信頼と継続が重要

ネットで稼ごうと思うと何が一番重要だと思いますか?

僕は、継続と信頼だと思います。

ネットなんて今や誰でも使えますから、ちょっと、ブログを書いたり、SNSを投稿したりするぐらいじゃあ簡単に稼ぐことはできません。

継続と信頼がなければ、誰もあなたのブログやSNSを見ようとは思いませんし、あなたの商品を買おうとは思わないわけです。

ですから、ネットで稼ぐためには最低でも半年、普通は1年くらい無収入で頑張るくらいの覚悟が必要です。

僕自身、本格的にブログを書き始めてまだ3ヶ月くらいですが、毎月5000人くらいの人に自分のブログを見ていただけています。

しかし、最初は10人見てくれれば良い方で、ホントに心が折れそうになりました。

でも続けていくとあるタイミングで一気にアクセスが集まったんですよね。

まだ、5000pvしか得られていませんが、これからも続けていくことでもっとアクセスが集まるんじゃないかという自信につながりました。

 

 

-稼ぐ

Copyright© 守銭奴の極み , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.